• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 888
  • 公開日時 : 2019/09/02 12:30
  • 印刷

地震保険料控除のうち、「地震保険料」と「長期損害保険料(経過措置)」の両方に控除対象保険料が表示がされている場合、どちらも控除の対象となるのでしょうか?

地震保険料控除のうち、「地震保険料」と「長期損害保険料(経過措置)」の両方に控除対象保険料が表示がされている場合、どちらも控除の対象となるのでしょうか?
カテゴリー : 

回答

別々のご契約であれば、どちらも対象となります。

ただし、合計額が所得税で50,000円、住民税で25,000円を超える場合には、各々50,000円、25,000円が所得控除額となります。
ひとつの契約で「地震保険料」と「長期損害保険料(経過措置)」の両方に控除対象保険料が表示がされている場合、いずれか一方のみを任意に選択していただきます。

地震保険料控除の控除額別ウィンドウで開く

アンケートこのFAQで解決しましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます