• No : 2132
  • 公開日時 : 2020/08/26 10:22
  • 更新日時 : 2020/09/08 15:39
  • 印刷
自動車事故

【自動車事故】車両同士の事故。責任割合はどのようになりますか?

回答

車両対車両の主な責任割合は以下の通りです。
 
交通事故の態様は千差万別で、責任割合も個別・具体的に決定されるのが通常です。
したがって、以下に掲げる例は、あくまで基本的な判定例に過ぎず、スピード違反等による修正が行われることがございますのでご注意いただくとともに、東京海上日動の窓口にご相談ください。
 

1 交差点での出合頭

(1)道幅が同じ程度、交通整理なし(双方徐行せず)

(2)明らかに道幅が異なる交差点、交通整理なし(双方徐行せず)

(3)一時停止無視(双方徐行せず)

(4)信号無視

2 右折車と直進車

(1)右折車と対向直進車、道幅が同じ程度、交通整理なし

(2)あらかじめ中央(左側端)に寄らない右(左)折車と後続直進車

3 追突事故

(1)停車中の車に追突

(2)走行中の車に追突

AはBと同じ車線を走行していたが、Bが理由のない急ブレーキをかけたため、Bに追突した。

4 対向車との事故

追越中、センターオーバー

Aが対向車線にはみ出したところ、対向車Bに衝突。

5 Uターン事故

(1)後続車との衝突

(2)対向車との衝突